生理前のいらいらの原因と緩和法

生理中にいらいらしてしまう女性

女性はホルモンバランスの影響で、排卵期を終える頃からいらいらの症状が出たり、生理前は体調不良で悩む人が多い傾向にあります。個人差もありますが情緒不安定になったり、急に怒りっぽくなる、またはいらいらによる八つ当たりで家族や恋人、友達とケンカをしてしまい険悪なムードになってしまったという経験を持つ人も少なからずいるのではないでしょうか。

いらいらの症状が出る時期は、おおよそ生理の3日~10日前と考えられています。最初はそこまでひどくないのですが、1週間を切るといらいらがひどくなってしまう女性もいるようです。
周りの人たちも生理前という事情を酌んで大目にみてくれるかもしれませんが、自分で対策できることは最低限やっておきましょう。

生理前のいらいらの原因

生理によるいらいらなどの精神的な症状の原因は、エストロゲンやプロゲステロンといった女性ホルモンの影響が大きいとされています。黄体期は特にプロゲステロンの分泌が多くなっており、同時にセロトニンが減少してしまいます。
このセロトニンとは精神を安定させるために重要な物質となっており、減少すればするほど精神の安定が保てなくなり、必然的にいらいらとした状況を招いてしまいます。

また自律神経の乱れもいらいらの原因として挙げられます。生理のときは特に自律神経が乱れがちになってしまい、体がストレスを感じてしまうためいらいらとした状況が起こってしまいます。

いらいらを解消する方法として、ストレスを感じないように生活することがもっとも身近な解決法であります。
ストレスを減らすためには、どのようなことをすればいいのかを見ていきましょう。

生理前のいらいらを解消する方法

生理のいらいらは普段なら気にならないようなことでも敏感に反応してしまうようになり、周囲の人に迷惑をかけてしまうこともあります。そうならないためにも、あらかじめ緩和法や予防法を知っておき、ストレスをためないようにすることが大切です。
まずは、体を動かすようにしてリラックスが出来るようにしていきましょう。特にヨガを行ってみると症状が緩和されやすくなっていきます。
なぜヨガが良いかと言うと、ヨガは呼吸を長く取りながら行うものなのでホルモンバランスの乱れを改善しやすくなってくるからです。

またいらいらしていると自分でも感じるような時には、出来るだけ気分転換をするようにしてみるといいでしょう。外の空気を吸うようにしたり、今の状況を変えていく事によって気分を変えることが出来ますのでいらいらしにくくなります。
生理のいらいらは仕方ないとあきらめるのではなく、少しでも緩和できるようにしていく事によって気持ちも楽になっていきます。

この記事をシェアする

Google+TwitterFacebook

生理以外にも以下のような効果があります!

子宮内膜症に効果がある!トリキュラー単品
ニキビの発生を防ぐ!マーベロン単品

あわせて読みたい記事

  • 便秘症状で焦る女性

    放っておくと大変な生理前の便秘の原因と緩和法

    生理の症状で、便秘になるという経験をした方もいるのではないでしょうか。 普段から女性は男性よりも便秘になりがちとされていますが、その便秘は生理によって引き...

  • 生理中の頭痛に悩まされる女性

    生理前に起こる我慢できない頭痛の原因と緩和法

    生理で頭痛の症状に悩まされる人も少なくなく、この月経関連の偏頭痛は主に生理前や生理中に症状がでます。症状としてはズキンズキンと波打つような強い痛みや、体を動...

  • 生理中の腰痛に苦しむ女性

    つらい生理前の腰痛の原因と緩和法

    生理前後になるとホルモンバランスの乱れや自律神経の乱れにより、体にさまざまな症状が出ることがありますが、腰痛も生理前後・生理中に出る症状の1つといわれていま...

  • 生理中の腹痛に苦しむ女性

    生理前の苦しい腹痛の原因と緩和法

    生理前の女性は、女性ホルモンの影響で腹痛を引き起こすことがあり、このホルモンが活性化することによって、お腹の張りや下腹部に痛みを生じることが多くなります。ま...

  • 生理中の吐気に苦しむ女性

    生理前からくる吐き気の原因と緩和法

    生理前後や生理中の吐き気で食欲がなくなったり、実際の嘔吐してしまうなどつらい体験をした女性も少なからずいます。家にいるときならまだいいですが、外出先で吐き気...