つらい生理前の腰痛の原因と緩和法

生理中の腰痛に苦しむ女性

生理前後になるとホルモンバランスの乱れや自律神経の乱れにより、体にさまざまな症状が出ることがありますが、腰痛も生理前後・生理中に出る症状の1つといわれています。
生理の期間になると腰痛を感じるという女性はおよそ50~60%と、生理を迎える女性の約半分が悩まされている症状でもあるのです。中には生活に支障が出る程の痛みを感じる人もいます。この記事を読んでいる方の中でも腰痛で悩んでいるという人もいるのではないでしょうか。

腰痛が発症するメカニズムなどを知らない人もいるかと思いますが、腰痛の発症する原因さえわかれば腰痛の痛みを最小限に抑えることができます。
なのでここでは生理に伴って発症する腰痛の原因と緩和法を学んでいきましょう。

生理前の腰痛の原因は?

生理になるたびに毎月腰痛などの痛みが出てしまうと学校や仕事にも支障が出てしまいます。
痛み止めで対処してしまいがちな生理時の腰痛ですが、痛みを緩和する時には、まずなぜ腰痛が起こるのかの原因を知ることが大切です。

生理前になると子宮内膜の中に、子宮を収縮させる作用のあるプロスタグランジンという物質が多く作られるようになります。
生理が始まり経血が排泄されるのは、このプロスタグランジンが子宮を収縮させるために起こるのです。
女性にとっては必要不可欠なプロスタグランジンですが、過剰に作られてしまうと生理になった時に子宮だけではなく周囲の組織も収縮させる働きがあり、生理時の腰痛もプロスタグランジンの過剰生成により筋肉などが収縮し起こる症状と考えられています。
このプロスタグランジンの生成をいかに抑えるかも、腰痛を緩和する1つの対処法となりますので、次は腰痛の対処法を見ていきましょう。

生理前に起こる腰痛を予防・緩和する

生理痛が起きやすい方のほとんどは股関節が固いことが多いのですが、腰痛の起きる原因としては股関節が固いことにより骨盤底筋群が子宮の収縮運動を圧迫してしまっているなどの要因が考えられます。
腰痛など生理痛の症状を和らげる緩和法としては、生理前から開脚前屈や前後の開脚を行って股関節を柔らかくほぐしておくことが効果的です。
3分でもいいので座って開脚し、そのまま前屈をしていきましょう。その後は、足を前後に開脚させるなどのストレッチを行うことにより、腰痛が改善されていきます。

食事でも、体を冷やしてしまうような飲食物は生理痛を更に悪化させるので、冷たいジュースや食べ物、またアルコールやたばこも出来るだけ避けましょう。
反対に、体を温めるような温かい飲食物、生姜などを積極的に摂取しましょう。生理中は鉄分が足りなくなるので、レバーなども積極的にとることで痛みが緩和されていきます。
腰痛に悩まされている方はこのような改善を取り入れてみてください。

この記事をシェアする

Google+TwitterFacebook

生理以外にも以下のような効果があります!

子宮内膜症に効果がある!トリキュラー単品
ニキビの発生を防ぐ!マーベロン単品

あわせて読みたい記事

  • 生理中の吐気に苦しむ女性

    生理前からくる吐き気の原因と緩和法

    生理前後や生理中の吐き気で食欲がなくなったり、実際の嘔吐してしまうなどつらい体験をした女性も少なからずいます。家にいるときならまだいいですが、外出先で吐き気...

  • 生理中の頭痛に悩まされる女性

    生理前に起こる我慢できない頭痛の原因と緩和法

    生理で頭痛の症状に悩まされる人も少なくなく、この月経関連の偏頭痛は主に生理前や生理中に症状がでます。症状としてはズキンズキンと波打つような強い痛みや、体を動...

  • 便秘症状で焦る女性

    放っておくと大変な生理前の便秘の原因と緩和法

    生理の症状で、便秘になるという経験をした方もいるのではないでしょうか。 普段から女性は男性よりも便秘になりがちとされていますが、その便秘は生理によって引き...

  • 生理中にいらいらしてしまう女性

    生理前のいらいらの原因と緩和法

    女性はホルモンバランスの影響で、排卵期を終える頃からいらいらの症状が出たり、生理前は体調不良で悩む人が多い傾向にあります。個人差もありますが情緒不安定になっ...

  • 生理中の腹痛に苦しむ女性

    生理前の苦しい腹痛の原因と緩和法

    生理前の女性は、女性ホルモンの影響で腹痛を引き起こすことがあり、このホルモンが活性化することによって、お腹の張りや下腹部に痛みを生じることが多くなります。ま...