生理用のナプキンやショーツの特徴と紹介

生理用のナプキンの画像

女性の方なら生理用ナプキンやショーツは数十年間長くつきあっていく大切なものです。ただし、理由はないけど何となく適当に使っているという方もいるのではないでしょうか。生理用ナプキンとショーツにはどんな種類があるのを説明致します。

ナプキンはまず大きく分けると昼用・夜用があり、更に羽根の有無でも分かれています。就寝前はもちろん、生理開始後など量が多い時は夜用を使い、出血量が少なくなったら昼用に替えるといったように適所で切り替えるようにすると良いでしょう。日中はよく動くからズレやすいと悩んでいる方は羽つきナプキンを使用した方が下着に固定しやすくなります。

ショーツのタイプは、お腹とお尻をすっぽり覆う一般的なノーマル・履き心地が安定しているボクサーなどありますが、特に生理期間にはサニタリーショーツを使用すると良いでしょう。サニタリーショーツとはナプキンがズレにくいことや漏れたとしても染みないこと、そしてしっかりとした履き心地があることなど様々な特徴があります。

生理用の商品を購入する時は各自の特徴や使い勝手を踏まえ、自分の状態や体質に合ったものを選びましょう。

あなたは紙派?布派?目的に応じた生理用ナプキン選び

生理用ナプキンは、目的に応じて選ぶ必要があります。生理用ナプキンには2種類あり、1つが吸収ポリマーで経血を吸収することで使用後は、そのまま捨てることができる紙タイプ、もう1つが布で作られている布タイプです。

紙タイプは使い捨てできるため非常に手軽であり、経血をしっかりと吸収してくれるために付着した血液に触れずに処理することもできます。
また基本的には安価で入手しやすく、旅行先などで急に必要になった場合でもコンビニなどでも取り扱っています。

ただし通気性があまり良くないため、人によってはムレやかぶれ、かゆみ、デリケートゾーンの肌荒れなどを引き起こすことがあるというデメリットもあります。

布タイプはコットン素材が中心のため、下着と変わらない肌触りの良さがあります。そして洗って繰り返し使うこともできるため、1度購入すれば長く使うことができます。
通気性も紙タイプに比べて優れており保温効果もありますが、毎度洗濯をしなければいけないという手間がかかってしまいます。

生理用ショーツを選ぶポイントと洗い方

生理用ショーツを選ぶポイントは、自分の普段履いている下着よりも少し大きめを意識して購入するようにすると良いです。細い体型の人でも生理の時というのはむくんでしまうことが多いので、いつもと同じサイズだときつく窮屈になってしまうこともあるものです。
ですからワンサイズ大きいものやウエストのゴムラインが薄いものを選んでいくと良いのですが、あまりにもゆとりのあるものだと生理用ショーツとしての役割を果たせないこともあるので、大きすぎるのも良くないでしょう。

また、洗い方にも注意すると良いです。使用後にあまり汚れが目立たないようであれば良いですが、汚れが目立つようであれば簡単に水洗いをしてからショーツを洗濯機で洗うようにもすると良いです。他の洗濯物と一緒に洗うことで伸びてしまったりするのが心配になってしまうようであれば、洗濯ネットに入れて洗うようにしても良いでしょう。伸びたり引っ張られることもないので安心でしょう。

この記事をシェアする

Google+TwitterFacebook

生理以外にも以下のような効果があります!

子宮内膜症に効果がある!トリキュラー単品
ニキビの発生を防ぐ!マーベロン単品