生理周期と生理不順

生理周期・生理予定日と生理不順について

来る予定だったはずの生理が来ない・・・そんな経験はありませんか?
突然そんな事態に遭遇したら誰だって焦ってしまうものですが、生理不順とは突然来るものなのです。

一般的に生理周期というのは生理が始まった日から数えて次の生理が始まるまでの期間が25~38日に収まるようであれば正常だと言われており、25~38日という幅については生理はストレスや精神状態に左右されるものであるので、このくらいのズレは許容とされています。

このような生理不順が起こり、生理予定日に生理が来なくなると予定も立てれなくなり、プライベートにも影響が出てしまいます。なるべく生理不順が起きる前から対策を練っておくことが大切になってくるでしょう。

生理不順の原因について

生理不順はどのようなことが原因で起こるのでしょうか。
生理不順は体内のホルモンバランスの乱れが引き起こすと言われています。ホルモンは卵巣から分泌されていますが、その卵巣の機能が低下してしまうとホルモンの分泌量にも影響が出てきてしまい、ホルモンバランスを狂わしてしまうということです。
では具体的にはどのような原因があるのでしょうか。

まずは過度なダイエットを挙げることができます。ダイエットをやり過ぎてしまうと女性ホルモンが分泌されにくい状態となってしまい、生理不順を起こしやすくなってしまいます。
また精神的なストレスを感じるだけでもホルモンバランスが崩れてしまい生理不順を引き起こしてしまいます。生理不順の大きな原因としてこのストレスが主に挙げられています。

生理不順だと感じたらその原因を探り、自分の生活をもう一度見直してみましょう。

生理周期の長い・短い

正常な生理周期とされている25~38日よりも早く、もしくは遅く生理が来てしまうことがありますが、これらはそれぞれ「頻発月経」、「稀発月経」と呼ばれています。

まず生理周期が24日よりも短い場合には、「頻発月経」とされています。これは月経異常の一つで、周期の短さから月に2回生理がくることもあります
このような短い周期が一度で終わった場合には、ストレスなどによる一時的なものの可能性もあるのでそこまで心配する必要はありませんが、もしこれが何周期も続くようなら頻発月経を疑いましょう。
頻発月経はただ生理周期が短いだけではなく、卵子や子宮内膜が十分に成熟できないため、妊娠しにくくなることもあります。

逆に生理周期が39日以上の場合は稀発月経の可能性が考えられます。これはホルモンの分泌に関して異常があった場合に起こることがありますが、生理周期が長くてもしっかりと排卵をしていればそこまで問題はありません。 問題なのは排卵がない場合であり、治療をしなければいけないこともあります。

更年期の生理不順とは

更年期になると卵巣機能の低下により女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量が大幅に減少してしまいます。それによるホルモンバランスの乱れが更年期障害の原因と考えられているのです。
この更年期がもたらす変化には生理不順も例外ではなく、今まで正常に来ていた生理周期が乱れるようになります。まずは25~38日が正常と言われている生理周期よりも短い周期で訪れるようになり、その後は周期が長くなるというような順序をたどります。

そして最後には生理が完全に停止する「閉経」と呼ばれる状態になるのですが、主に更年期と呼ばれる40代後半付近でこのような生理周期の変化があったら、それはカラダが閉経に向かっている証拠かもしれません。

この記事をシェアする

Google+TwitterFacebook

生理以外にも以下のような効果があります!

子宮内膜症に効果がある!トリキュラー単品
ニキビの発生を防ぐ!マーベロン単品

生理周期と生理不順に関する記事

  • 生理不順に効果がある薬を飲む女性

    生理不順は薬で改善できる

    生理不順は日常をすこし工夫することでも改善出来たりしますが、中には薬を使用した薬物治療が用いられることがあります。 生理不順に効く薬には避妊薬として知られ...

  • 生理不順を改善しようと頑張る女性

    生理不順の様々な改善法

    女性の体に毎月みられる生理は、子宮が縮んだり緩んだりすることでコントロールされています。 排卵が終わり妊娠していないことがわかると、子宮内を綺麗にするため...

  • 生理予定日の計算で悩む女性

    生理周期と生理予定日の計算方法

    女性の体は生理周期と共に変化を繰り返しています。生理周期とは、月経期、卵胞期、排卵期、黄体期の4つで構成されていて、それぞれの時期にちゃんと意味があります。...