生理不順の様々な改善法

生理不順を改善しようと頑張る女性

女性の体に毎月みられる生理は、子宮が縮んだり緩んだりすることでコントロールされています。
排卵が終わり妊娠していないことがわかると、子宮内を綺麗にするために子宮を緩めることでいらないものを外へ排出させます。そして生理が終わるともとの大きさに戻るのです。
しかし様々な影響により子宮が凝り固まってしまうと、子宮は縮んだり緩めることができなくなってしまい、子宮が固くなってしまうことで生理不順などの月経トラブルが引き起こされるのです。

生理不順を改善させるためには、子宮を柔らかい状態に保つことが大切です。ピルを使って生理周期を安定させたりもできますが、中には薬に頼らないで改善したいという方もいるでしょう。そんな方には生活習慣を変えることで改善できることもあります。
生理不順の改善方法は様々であり、無理のない程度で自分に合った方法を試して生理不順を改善していきましょう。

睡眠不足や生活習慣を見直して生理不順を和らげる

女性にとって生理周期は健康のバロメーターと言えます。生理は25~38日の間のほぼ一定の周期で起こりますが、これが早い・短いと感じたときは体に異常があるサインです。
生理周期の乱れや生理不順は、女性ホルモンが順調に分泌されていない現れです。女性ホルモンの乱れが起きる原因として、生活習慣の乱れが挙げられます。仕事や人間関係によるストレス、睡眠不足が続いている、偏ったものばかりを食べている、運動不足や喫煙・飲酒の生活習慣など、さまざまなことが要因となり生理不順や生理周期の乱れが起きるので、生活習慣を見直すことが生理不順や生理周期の乱れをなくすことに繋がるのです。

生理不順を改善したい思うと脳を休める睡眠はとても重要なことです。就寝前にパソコンやスマートフォンは使用しない・カフェインは摂らないなど、睡眠の妨げになることはしないようにしましょう。
ケーキなどの甘いものを食べ過ぎると、血液の流れが悪くなり生理不順を招きます。できるだけ野菜や良質のたんぱく質など、バランスを考えて食べるようにしましょう。
こうした生活習慣一つ一つを改善することで、生理不順を和らげることができます。

生理不順の改善には栄養バランスの整った食事を心がける

生理不順で悩んでいる人の多くは、食生活や生活習慣の乱れで女性ホルモンのバランスが崩れてしまって生理周期が決まっていないという場合があります。一度、自分の生活を見直してみるようにしましょう。

仕事が忙しくて家に帰っても食事を作る時間がなく、コンビニの弁当や脂っこい惣菜ばかりを食べていたという経験がある人もいるのではないでしょうか。
生理不順を何とか改善したいと思うのなら、栄養バランスの整った食事を心がけることも大切です。特に大豆に入ってるイソフラボンやほうれん草に入ってる鉄分などを料理に取り入れて、日頃から食事をしていると生理不順を引き起こす要因を減らせるので、常に食事には気を配るようにしましょう。

忙しくて料理の栄養のことまで考えていられないという人は、簡単に食事に取り入れられる青汁やサプリメントもあるので、そちらを利用してみてもいいかと思います。

この記事をシェアする

Google+TwitterFacebook

生理以外にも以下のような効果があります!

子宮内膜症に効果がある!トリキュラー単品
ニキビの発生を防ぐ!マーベロン単品

あわせて読みたい記事

  • 生理予定日の計算で悩む女性

    生理周期と生理予定日の計算方法

    女性の体は生理周期と共に変化を繰り返しています。生理周期とは、月経期、卵胞期、排卵期、黄体期の4つで構成されていて、それぞれの時期にちゃんと意味があります。...

  • 生理不順に効果がある薬を飲む女性

    生理不順は薬で改善できる

    生理不順は日常をすこし工夫することでも改善出来たりしますが、中には薬を使用した薬物治療が用いられることがあります。 生理不順に効く薬には避妊薬として知られ...